譲渡損失控除で所得税がゼロ円になる!

住宅ローン控除の他にも確定申告すれば所得税から控除をうける事ができるものがありますので知っておきましょう。

 

 

住んでいた住居を売却して、新居を購入または新築する場合は、売却した価格よりも、購入した価格が大きい場合、譲渡損失があるとして、控除ができる場合があるのです。

 

 

たいていの場合買い換えの時は、売る家よりも、購入する家の方が価格が高いのが普通ですから(そうとは限りませんが)この控除を受ける事はおおいと思います。

住宅を取得した金額から売却した金額を差し引いた譲渡損失額から更に他の所得分を引いても、譲渡損失額が残る場合は、その年の所得税はゼロになりますので、確定申告すれば、すでに支払われている所得税は還付されます。

 

 

具体的な数字をあげると、現住居を1500万円で売却して、(売却に関わる経費を考慮しないものとして)、総額4500万円の新居を購入した場合で、その年の総所得が700万円だったとします。

 

 

結果、所得総額は、1500万円+700万円-4000万円=-1800万円となり、所得はマイナスとなりますので、その年の所得税は0となるわけです。

 

 

また、この譲渡損失は3年間繰越して(つまり購入時と合わせて4回分)控除してもらう事ができるのです。

 

 

単純計算すると、その後3年間も年間所得が700万円だったとしますと・・・。

 

 

1年後、700万円-1800万円=-1100万円で所得がマイナスとなってしまいますので、所得税はゼロになります。

 

 

同様に2年後は、700万円-1100万円=-400万円でやはり所得がマイナスですので、所得税がまたまたゼロになります。

 

 

更に3年目でも、700万円-400万円=300万円ですので、300万円の所得にたいする課税となります。すでに支払い済みであれば、税金が還付されます。

 

 

ここで繰越終了となりますが、この4年分の税金の繰越控除は非常に大きいですね。
これは確定申告しないてはないでしょう。

 

 

またこの譲渡損失繰越控除は、確定申告すれば住宅ローン控除と併用する事が出来るので、両方控除がうけられてしまいます!