住宅取得の登録免許税軽減措置の延長

0-78.jpg住宅購入の時は、金利や、住宅ローン減税などは気にしていると思いますが、意外と、登録面強税までは気にしていないことがおおいと思います。

しかし、たった数%の登録免許税でも、住宅購入価格から考えれば、結構な学になりますので、この軽減措置が延長されるのは、この時期に購入される方には結構お得であるといえるでしょう。

2010年で終了されるものでしたが、2013年3月まで延長されることになるようですので、今年購入される人は、家具の新調がこの減税分でできると思います。

通常は、所有権の登記には2%の登録免許税がかかりますので、3000万円でしたら60万円の登録免許税がかかります。

とはいっても、登録免許税の税率は、住宅取得価格ではありませんので、住宅取得価格よりもずっと低い固定資産税評価額になりますので・・・

住宅取得価格が3000万円というわけではありませんので注意してください。

何にしても、通常2%が、軽減措置で0.3%になりますので、十万円以上ぐらいは、減税になるのではないかと思いますので、ソファーを新調するとか・・・

薄型TVを一台購入するとかいう程度の余裕はできそうです。

今はいろいろと減税措置が重なっていますので、本当に有利な時期といえると思います。

このような時期はそうなんどもこないと思いますので、10年に一度いえ、30年に一度の住宅取得に有利な時期ではないかと思います。

住宅ローン減税などは、過去最大規模ですので、それを考えれば、最初で最後ともいえるかもしれませんね。