住宅ローン減税と連帯債務と連帯保証のメリット、デメリット

2008年度で終了予定だったはずの住宅ローン控除制度が、世界的大不況のおかげで延長になりました。捨てる神あれば拾う神ありとは、まさにこのことをいうのでは?と思えてきますね。

さらに低所得者にも朗報です。住宅ローン減税は、購入だけではなく、リフォームをも対象になりました。

数年前から普及し始めた太陽電池住宅へのリフォームおよび木造建築の旧式家屋から耐震構造への建て替えなどが主たる対象になるようです。

こうした住宅ローンを利用しようとする場合ですが、控除の対象になるのは主たる債務者だけのようです。

したがって、連帯債務者として夫婦が共に認定されれば、かろうじて二人とも控除対象となりますが、夫と妻どちらかが連帯保証人とみなされた場合は、控除を受けられるのは片側だけです。


公的ローンが利用できる場合なら、ほとんどが連帯債務とみなすようなので、不安はないようですが、民間ろーんしか利用できないとなると、契約書を事前に確認しておく必要があるようです。


無難なのは、夫婦の収入を合算して無理やり連帯債務を作り出すよりも、個別に借入をしていくほうが、それぞれが主たる債務者とみなされますから、控除を受けやすくなるのは確かですね。


でも二重に借金を故意に作るということは、かなり乱暴な計画にも見えます。

それならば控除額は大幅に減るかもしれませんが、将来に備えて夫と妻のどちらかが連帯保証人に甘んじるというほうが、むしろ現実的な気がします。

この辺はそれぞれの考え方しだいでしょうね。