住宅ローン控除の要件2

住宅ローン控除を来年に延ばしたいからといって居住を先送りして、来年度分の確定申告からと考えている場合、注意して欲しい事があります。

 

 

住居した年から確定申告すれば住宅ローン控除を受ける事ができますが、住宅を新築または、購入してから6ヶ月以内に居住しなければなりません。

 

 

更に注意点としては、居住用の家が2軒以上ある場合、主として住んでいる家の方だけに限られます。

つまり、別荘を購入したり、新築したりしても住宅ローン控除は受けられないのです。

 

 

今後、田舎暮らしなど、二地域居住化が今後日本で進んで行くことが考えられますが、その際もどちらが主たる住居となるのかがこの住宅ローン控除の適用になるかが問題です。

 

 

また、中古住宅の購入の場合は、更に住宅ローン控除を受けられる条件が加わりますので、注意してください。